大人のマウスピース矯正  アソアライナー

  1. Home
  2. 矯正歯科
  3. 大人の歯列矯正

マウスピース矯正 /   ワイヤー矯正 / インプラント矯正 / クイック矯正(セラミック矯正)
子供(幼児、小学生、中学生)の歯列矯正のページはこちら


ワイヤーを全く使わないマウスピース矯正
実施しています。(初回矯正相談は無料です。)

他院で断られた難症例を多く治療していますので、
お困りの方はどうぞご相談ください。
セカンドオピニオンもお受けしております。

当院のマウスピース矯正の特色


その1
原則抜かない矯正です

当院には、抜歯したのと同じ位のスペースを抜歯なしで確保する技術があります。
抜歯症例は、30例に1例程度です。


その2
治療期間が短い

院長が取り入れている独自の方法を用いることで、通常のマウスピース矯正の
2分の1から3分の2の期間で終えることができます。
ケースによっては、ワイヤー矯正よりも、早く終了します。


その3
早い時期からのマウスピース矯正への取り組みで多数の治療経験があります

現在、お困りのあなたの症状とよく似た症例を、必ず治療した経験があります。
その経験症例をご提示しながら、十分に納得いただける治療計画のご説明をいたします。
遠方からいらっしゃる患者さんも多く、中学生からシニアまで幅広い年代の方が
当院でマウスピース矯正をしておられます。


院長は、クリアアライナー、イークライナー、アクアシステムの認定医です。
早くからマウスピース矯正に取り組み、これまで1,800症例を手がけています。


  

 

その4
従来、マウスピースのみでは難しいと言われる症例も多数手掛けています。

熟練した技工士と毎回、十分に相談した上で、治療を進めております。
他の医院で、マウスピース矯正のみでは矯正できないと言われてお困りの方も、
当院ではワイヤーなど、他の矯正器具を併用することなく、マウスピースのみで
治療できていますのでご相談下さい。
当院の治療症例写真を、歯並びお悩み別に多数掲載しておりますので、ご覧下さい。

その5
アソアライナーを採用しているので、患者さんの生活に柔軟な対応ができます。
矯正中の虫歯治療も当院で可能です。

一度の歯型取りで、治療終了までのすべてのマウスピースを作ってしまう
マウスピース矯正法もありますが、当院は、毎回歯型取りをして、マウスピースを
製作するアソアライナーを採用しております。
歯型取りのたびに来院していただく必要がありますが、患者さんの歯の動くペースに
合わせて、柔軟にマウスピースを製作することができます。

妊娠、出産、留学、海外出張などで矯正治療が中断となった場合や、決められた時間の装着
(1日17時間以上のマウスピース装着)が難しかった場合でも、その状態から再度歯型取りをし、
マウスピースを製作しますので、問題なく治療が再開でき安心です。
思いのほかストレスがたまりません。
歯の形が変わっても問題なくマウスピース矯正を続けられるので、虫歯の治療をすることも、
黄ばんだ古い差し歯を新しい差し歯にすることも、矯正治療中に並行して当院でできます。


その6
矯正治療と同時に気になる症状改善のご指導もいたします。

歯列不正がある方は、口呼吸、舌のくせ、嚥下障害、いびき、睡眠時無呼吸、発音(滑舌)
呑気症(空気嚥下症)などのお悩みを抱えておられることも多いです。
矯正治療とともに、その症状改善にも取り組むことができます

アソアライナー


 

歯並びお悩み別 マウスピース矯正による治療例


*八重歯・デコボコ*

八重歯が治りました。非抜歯です。(非抜歯、歯型取り10回、1年6ヵ月)

矯正前 矯正後
Before After

マウスピース単独では、難しいケースですが、マウスピースのみで終了しています。
咬み合わせも改善し、左上(向かって右側)の真ん中から2番目の歯もしっかり出てきました。
(非抜歯 歯型取り 11回  2年4か月)

Before After

重症の乱ぐい歯ですが、マウスピースのみで終了しています。
(非抜歯 歯型取り14回 2年6か月)

Before After

まじめにマウスピースを入れてうまく動くと1年で治ります。
(非抜歯 歯型取り8回 1年)

Before After

 

*すきっ歯・出っ歯*

上の歯のすきまを閉鎖させると同時に、出ている感じも改善しました。
先に下の歯を引っ込めてから、上の歯を引っ込めています。
(非抜歯、歯型取り4回)

Before After

上顎前突(出っ歯)が改善したケースです。(非抜歯、1年5カ月)

画像は、上顎を真下から見た模型です 左が矯正前で、右が矯正後です。
奥歯が横に拡がり、前歯がずいぶん 引っ込みました。 非抜歯での治療です。


 

*すきっ歯でデコボコ*

前歯のすきっ歯の改善だけではなく、右上奥(向かって左側) の歯も、内側に動かして、
下の歯と咬めるようになりました。ホワイトニングも実施。
(非抜歯、歯型取り8回、1年7か月)

Before After

前歯の咬み合わせが良くなり食べやすくなりました。
(非抜歯 歯型取り11回 1年7か月)

Before After

 

*前歯が咬みあわない(開咬)*

マウスピース矯正適応外とされている開咬(前歯がかみ合っていない)も
ワイヤーを使用せず、マウスピース矯正で改善しました。
ただし、重度の開咬は、終盤で夜間のみゴムで引っ張る場合があります。
(非抜歯、歯型取り8回、1年6ヵ月)

クリアアライナー矯正前 クリアアライナー矯正後
Before After

この程度の開咬でしたら、それほど期間はかかりません。
(非抜歯、歯型取り6回、1年)

Before After

 

*受け口(反対咬合)*

前歯の咬み合わせが反対になっているのも改善しました。
(非抜歯、歯型取り6回、11か月)

Before After

難しい受け口が、非抜歯でアソアライナーのみで、改善しました。
(非抜歯 歯型取り15回 2年4か月)

Before After

 

*前歯が咬みあわない受け口*

開咬で、軽度の受け口の難しいケースですが、マウスピース(アソアライナー)のみで改善しました。
このケースでは、終盤で夜間にゴムで引っ張っています。
(非抜歯、歯型取り10回、1年8か月)

Before After

マウスピースでは難しい開咬(奥歯2本しか咬んでいません)に加えて、軽度の
受け口がありましたが、問題なくアソアライナーのみで、改善しました。
(非抜歯、歯型取り13回 1年8か月)

Before After

 

*前歯のねじれ*

前歯のねじれが改善しました。(非抜歯、歯型取り5回、7カ月)

矯正前 矯正後
Before After

前歯のねじれが改善しました。その2 (非抜歯、歯型取り6回、1年2カ月)

Before After

 

*ねじれてデコボコ*

予定より早く、前歯のねじれ、デコボコが改善しました。
(非抜歯 歯型取り8回 1年3か月)

Before After

ねじれや傾きがきつく、右上2番(向かって左側)が、右上1番の後ろにぴったりくっついて、
通常、ワイヤーで抜歯矯正となる難しいケースでしたが、マウスピースで改善しました。
(非抜歯、歯型取り19回 2年4ヵ月)

Before After

 

*ねじれてデコボコで受け口*

重度の受け口に加えて、前歯にねじれやデコボコがある難しいケースです。
時間がかかりましたが、アソアライナーのみで改善しました。
(非抜歯、歯型取り26回、3年7か月)

Before After

 

*ねじれて曲がって受け口*

曲がってねじれて、上下が逆になっている前歯が改善しました。
(非抜歯、歯型取り11回、1年6カ月)

矯正前 矯正後
Before After

 

*受け口と小さい歯*

軽度の受け口を治した後、気になっていた右上2番(向かって左側)の小さい歯は、
被せ物(セラミックス)にしました。(非抜歯 歯型取り10回 1年6か月)

Before After

 

*抜歯ケース*

治療期間を短くするため、犬歯を3本抜いたケースです。
このケースの場合、抜かなくても矯正可能でしたが、その場合、期間が1年以上
長くなってしまいます (歯型取り11回 1年5か月)

Before After

犬歯のうしろの小臼歯を3本抜いた抜歯ケースですが、問題なく改善しました。
ホワイトニングも実施。(歯型取り10回、1年6か月)

Before After

左上犬歯(向かって右側)を、1本抜いたケースです。
(歯型取り10回 1年4か月)

Before After

 

*過蓋咬合(ディープバイト:咬み合わせが深い、窮屈)*

上の前歯が2本飛び出していましたが、改善しました。前歯の窮屈な咬み合わせも
改善し、咬みやすくなりました。(非抜歯 歯型取り11回 1年6か月)

Before After

前歯の窮屈な咬み合わせとねじれが、改善しました。
(非抜歯、歯型取り8回 1年1ヵ月)

Before After

 

*ワイヤー矯正からの移行(デコボコで受け口)*

他院でのワイヤー矯正をやめて、当院でマウスピース矯正のみで終了したケースです。
受け口も改善しました。(非抜歯、歯型取り13回 1年9か月)

Before After

 

アソアライナーの治療の流れと費用

1.矯正相談(無料)

患者さんのお口の中を拝見し、マウスピース矯正治療を実施するとしたら、どのような選択肢が
あり、それぞれで、どのくらいの期間と費用がかかるかについて、ご説明します。

*マウスピースの装着時間や、歯の動きやすさによって、当初の予定より、1~2個
 マウスピースの数が増えることもありますが、順調に動いて予定より早く終わることもあります。


マウスピース矯正は、健康保険の使えない治療であり、また、取り外し式のため、
「歯並びをきれいにしたい!」という強い意志が必要です。
説明を受けられたあと、本当に治療を始めるかどうか、じっくり検討してください。

 

2.精密検査(10,000円)

口腔内写真撮影、レントゲン撮影、上下の歯型をとり、診断用の模型を作製します。
かみ合わせの診査も行います。

 

3.歯型取り(1回分 5,000円 片あごのみ 3,000円)

 

アソアライナーでは、専用のコンピューターソフトを用いて、細かく分析し、
歯科医師と歯科技工士がよく検討しながらひとつひとつ、製作します。
まさにオーダーメイドです。

1日17時間以上マウスピースを入れられなかったので、当初の予測のスピードで歯が
動かなかった場合や、妊娠、出産、留学、海外出張などで、中断を余儀なくされたような場合でも、
柔軟に対応することができます。
来院の難しい患者さんには、1回の歯型取りで、2回分のマウスピースを製作する場合もあります。

 

4.マウスピース装着((1回分 30,000円 片あごのみ 15,000円 )

1回分3種類のマウスピースのセットをお渡しします。
薄いソフトから始めて、中間のミディアム、厚いハードと交換していただき、合計で4~5週間
装着します。(遠方の方はご自宅に直送可能です。)
1日17時間以上装着してください。長時間装着してくださるほど、歯はよく動き、
治療期間が短くなります。  

 

5.歯並びがきれいになるまで、3と4の繰り返し

歯科衛生士による歯のクリーニングを実施します。(無料)

 

6.保定(あと戻り防止のことをいいます。)

矯正終了後のあと戻り防止装置(リテーナー)は、矯正最後のマウスピースが、利用可能ですが、
もっとあと戻り防止効果の高いマウスピース(上下で2万円)をお勧めしています。

 

7.定期健診(4~6か月毎)  再診料3,000円

 

アソアライナーの料金

  矯正基本料金 再診料(歯型を取った時) 再診料(マウスピース装着時)
クリアアライナー 上下     40万  5千円  3万円
片方のみ  25万  3千円  1万5千円

当院の料金例(クリアアライナー上下で6セット製作した場合の費用)

基本料金40万円
歯型取り時再診料6回分(5,000円×6)=3万円
マウスピース装着時再診料 6回分(3万円×6)=18万円
あと戻り防止装置 2万円
40万+3万+18万+2万=総額63万円

片あごのみの歯列不正が気になる方へ
片あごのみに歯列不正があっても、咬み合わせ等の観点から、ほとんどの方は、
両あごの矯正が必要になります。片あごの矯正で済む方は、当院では全体の5%ほどです。


 

院長は、クリアアライナー、イークライナー、アクアシステムの認定医です。
早くからマウスピース矯正に取り組み、多くの症例を手がけています。


  

 

このページの一番上に戻る


ワイヤー矯正(セルフライゲーションシステム)   重度の歯列不正のかたに

マウスピースのようなとりはずし式の装置では、改善が難しい、重度の歯列不正の方 のために、
治療期間の短いワイヤー矯正装置を採用しています。
当院で採用している本格的なワイヤー矯正装置は、セルフライゲーションシステムと呼ばれ、
以下のような利点があります。

スピードの速い歯列矯正器具
ケースによっては、デーモンシステムを使用します。

当院で行った歯列矯正の症例 紹介

●乱ぐい歯(叢生)のケース1  抜歯なし

このケースでは、非抜歯で、前歯が出ないように奥歯を後ろへ動かして、並べるスペースを
確保しました。

乱ぐい歯の矯正治療前 乱ぐい歯の非抜歯矯正治療後
Before After

●乱ぐい歯(叢生)のケース2 抜歯あり

 このケースでは、八重歯は抜かずにその後ろを一本ずつ(上だけ)抜歯して矯正しました

乱ぐい歯の矯正治療前 乱ぐい歯の矯正治療後(抜歯あり)
Before    After

●開咬(前歯が噛み合っていない)のケース

歯列矯正前 歯列矯正後
Before After

●開咬で反対咬合(受け口)のケース(非抜歯)

矯正前 矯正後
Before After

●反対咬合(受け口)のケース

歯列矯正前 矯正治療後
Before After

●反対咬合(受け口)のケース その2

Before After

●上顎劣成長 臼歯反対咬合のケース

上顎劣成長の矯正前 上顎劣成長 矯正後
Before After

*****審美性のよいセラミックスブラケットをご希望の方には、セラミックスで対応します。*****



ワイヤー矯正素材紹介 ♦♦ゴムメタル♦♦

ゴムメタル
歯列矯正に使うワイヤーに、柔らかく、しなやかでありながら
高強度で、腰が強いという特性を持った新チタン合金ワイヤーを
採用しています。
これによりさらに、治療期間が短くなります。

このページの一番上に戻る

インプラント矯正

インプラントの大きさ
あごの骨にに、直径1.4ミリ長さ7ミリの小さなインプラントを
埋め込んで、それを固定源として、 動かしたい歯をひっぱる
矯正方法です。

抜歯をしないですむケースが増え、不便なヘッドギア等も不要となり、治療期間も短縮できます。
手術は、麻酔をしますので、痛みはありませんし、短時間で終わります。 倒れている歯を起こす
などの、部分矯正にも有効です。


また日本人に多い笑ったときに、歯ぐきが目立ってしまうケース(ガミースマイル)や出っ歯を
改善するのにも、たいへん有効です。
従来ならあごを切るような外科手術が必要なケースでも、 手術をせずに、歯列矯正できる場合が
増えました。 インプラントは、矯正治療終了後取り外します。傷あとは、すぐにふさがり全く残りま
せん。

 

このページの一番上に戻る

クイック矯正(セラミック矯正)

矯正装置を用いた従来の矯正は、長い期間がかかりますが、お急ぎのかたや、矯正装置をつける
のが いやな方にも、歯を白くし、歯並びを美しくする方法があります。


セラミックスの差し歯や、ラミネートベニア(貼り付け)を用いる方法で、実際に歯を移動させるのでは
ありませんが、ねじれを改善したり、歯をひっこめたり、出したりできます。すきっ歯も閉鎖できます。
期間は、1ヶ月程度で終了します。