幼児・小学生の取り外し式マウスピース矯正 ♦♦ T4K ムーシールド ♦♦

  1. Home
  2. 矯正歯科
  3. 子供の歯列矯正

T4K・マイオブレース /  子どもの受け口治療 ムーシールド /  口腔筋機能療法 /
子供の歯列矯正治療開始時期について / 床矯正  
ワイヤー矯正(セルフライゲーションシステム)

大人の歯列矯正のページはこちら

2歳から小学生の取り外し式マウスピース矯正






取り外し式の器具なので、学校にしていく必要もなく、
お子さんに負担がかからず好評です。
(日中最低1~2時間と夜間就寝時の装着)



歯の生え変わる時期(混合歯列期、6歳からおおむね12歳)を利用して矯正をする方法です。

この方法は、ワイヤ―矯正ほど本格的に歯並びを治すものではありませんが、
・口呼吸の改善
・舌の位置や飲み込み機能の改善

ができるため、永久歯への生え変わりがスムーズに行われ、その結果、
歯並びが自然とよくなります。
下記症例のように、T4Kだけで、矯正治療が終了することもあります。

当院のT4K症例

頑張って長時間、T4Kを入れてくれたお子さんです。
T4Kのみでずいぶん改善しました。

Before(7歳) After(11歳)

本格的なワイヤー矯正が必要な重度の歯列不正でも、ワイヤー矯正前治療器具として使用する
ことにより、その矯正の期間をかなり短縮することができますし、矯正治療終了後の後戻りも少なく
なります。

T4Kトレーナー矯正基本料金 55,000円 (1個目のトレーナー、 精密検査料を含む)
追加トレーナー1個10,000円

トレーナー治療は、「歯にやさしいゆるやかな矯正法」です。
よって、短期間で治療を終えたい方には、向きません。
トレーナーをあまり入れていられないお子さんや、強くかんで破ったり、
使用中、口が開いてしまうなど、 うまく使いこなせないで効果が得られない
場合は、残念ですが、中断することもあります。


T4Kを利用した口腔筋機能療法を行っています。



この訓練で以下の改善が見込めます。
・口腔周辺の悪習慣(舌のくせ、口呼吸、指しゃぶり、いびき)の改善
・咀嚼、嚥下(うまく飲み込めない)、発音などの口腔機能の改善
・いびき、睡眠時無呼吸の改善

なお、口の周りの筋肉(口輪筋)の筋トレには、「パタカラ」という器具を
口呼吸改善には、「あいうべ体操」を推奨しています。


T4Kの仕上げにマイオブレース

マイオブレース
T4Kの次の段階の、マウスピース矯正装置もあります。
マイオブレースと呼ばれる器具です。
これにより、安定したかみ合わせのきれいな永久歯歯列を完成
させます。 生え変わりの時期の最後に使い始め、1,2年で終わります。

 

子供の受け口にムーシールド(3歳児検診で反対咬合と言われたら)

ムーシールド
3~4歳から始められます。(12歳ぐらいまで)
原則就寝中に使用します 。
受け口を改善するマウスピース矯正装置で、チンキャップを
回避できます。

 

ムーシールドで治療した当院の症例

Before(4歳) After(5歳)
Before(6歳) After(8歳)

歯の生え変わりの時期にマウスピース矯正をすることのメリット


子供の歯列矯正治療開始時期について

歯列不正が軽度の場合

一般的に生え変わりの時期は、経過観察し、永久歯に生え変わってから開始します。(12歳前後)

 

生えてきた永久歯の前歯が重度の乱ぐい歯であったり、反対咬合(受け口)などの場合

第1期と呼ばれる早期矯正治療を、6~8歳くらいで開始するのをお勧めしています。
早期に本格的ワイヤー矯正をはじめたほうが、その後の永久歯への生え変わりもスムーズに
進み、結果的に抜歯せずに、歯列矯正治療が終了する可能性が、ぐっと高くなります。

この治療では前歯がきれいに並んだら、後戻りしないように固定し、永久歯への生え変わりの
完了まで待機します。
第1期の治療結果が良好で、第2期と呼ばれる永久歯に生え変わったあとの治療が、不要な
場合もあります。もし必要になったとしても、第1期でかなり改善しているので、簡単に終了します。

 

このページの一番上に戻る

マウスピース矯正以外の子供の矯正法 ♦♦ 床矯正 ワイヤー矯正 ♦♦

床矯正

主にあごが小さくて、歯がきれいに並びそうにないお子さんに対して、
適応される矯正法で、取りはずし式です。


●拡大床

床矯正
ねじをまわすと、装置が拡がり、歯並びを拡大させるので、
歯が並ぶ余裕ができます。
ただし、一方向にしか動かせず、ワイヤー矯正と違って、3次元的
に動かせないので、適応できない場合もあります。


●咬合斜面板(ジャンピングプレート)

過蓋咬合(ディープバイト)、下顎が後ろに下がっている
上顎前突などの歯列不正で、 下顎の位置を前方に誘導
するのに使用します。


ジャンピングプレートで治療した当院の症例

窮屈な咬み合わせが改善しました。

Before(7歳) After(9歳)

このページの一番上に戻る

ワイヤー矯正(セルフライゲーションシステム)  重度の歯列不正のかたに

マウスピースのようなとりはずし式の装置では、改善が難しい、重度の歯列不正の方 のために、
治療期間の短いワイヤー矯正装置を採用しています。
当院で採用している本格的なワイヤー矯正装置は、セルフライゲーションシステムと呼ばれ、 以下のような
利点があります。

【費用】
永久歯列完成後からのワイヤー矯正 50万円
混合歯列期から始めて準備矯正(1期)のみで
終了したワイヤー矯正 25万円
*セラミックス使用の場合は、プラス3万円
再診料 3,000円


ワイヤー矯正の当院症例

●乱ぐい歯(叢生)のケース 抜歯あり

 このケースでは、八重歯は抜かずにその後ろを一本ずつ(上だけ)抜歯して矯正しました

Before    After

●開咬(前歯が噛み合っていない)のケース

Before After

●反対咬合(受け口)のケース

Before After

●上顎劣成長 臼歯反対咬合のケース

Before After

*****審美性のよいセラミックスブラケットをご希望の方には、セラミックスで対応します。*****



ワイヤー矯正素材紹介 ♦♦ゴムメタル♦♦

ゴムメタル
歯列矯正に使うワイヤーに、柔らかく、しなやかでありながら
高強度で、腰が強いという特性を持った新チタン合金ワイヤー
を採用しています。
これによりさらに、治療期間が短くなります。



矯正相談は無料です。お気軽にお問い合わせください