睡眠時無呼吸症候群

  1. Home
  2. いびき治療

日本人で、いびきを習慣的にかく人は、2000万人以上、そのうちの約10%の200万人が、
寝ている間に何十回も、何十秒か呼吸が止まってしまう、睡眠時無呼吸症候群だといわれています。

睡眠時無呼吸症候群では、睡眠の質が悪くなるために集中力の低下が起き、交通事故をはじめとした
事故を起こしやすくなります。

また、治療をせずに放置しておくと、高血圧、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、高脂血症、糖尿病など、
生活習慣病の原因になることが知られています。

などの症状が、ひとつでもあって気になっている方は、睡眠時無呼吸検査をオススメします。

睡眠時無呼吸症候群の代表的な検査は、専門医療施設に一泊入院して行う睡眠ポリグラフィーという
精密検査ですが、自宅で手軽にできる検査もあります。電話、インターネットで申し込めます。

睡眠時無呼吸検査
自宅でできる睡眠時無呼吸症候群の検査サービス
在宅スクリーニング検査  6,500円(税込)

 

いびきの治療

スリープスプリント(右上写真)による、いびき治療

スリープスプリント
寝るときに、装着してお休みいただきます。
装着すると右下写真のように、わずかに下あごが前につき出る
状態となり、この状態が、のどの気道を広がらせ、いびきや無呼吸
を防ぎます。
この治療は、医科で睡眠時無呼吸症候群と診断され、紹介された
歯科医院に限って健康保険適用となりました。
いびきについて、もっと詳しく知りたい方は、
こちらへ  いびき・無呼吸ネット

申し訳ありませんが、ただいま取扱いを休止しております。

 

ソムノデント **最新のいびき・睡眠無呼吸症治療用マウスピース**

いびき治療のマウスピース ソムノデント
従来の上下一体型のスリープスプリントとは異なり、
上顎、下顎分離型の治療装置です。
装着していても口が開くので、不快感が少なく、
下顎の位置の調整も可能なため、継続して使用し
やすくなっています。
費用は保険適応外なので、15万円です。

ソムノデント公式HP 

 

パタカラトレーニング

いびきや口臭の元になる口呼吸を治すために、当院では、唇の筋力トレーニングを、推奨しています。
口唇筋力トレーナー 「パタカラW」 のHPへ