抜歯や切開などの治療後のお薬の服用について

  1. Home
  2. 治療後のお薬の服用について

当院では、

・治療した箇所の傷の治りが遅れないため
・傷口の感染予防のため、

・術後の痛み緩和のため
必要と思われる患者さんに、抗生剤や鎮痛剤を、必要な量お出しします。


痛みがある場合のみ服用すればよいのか、痛みがなくても傷口が二次感染しないよう、痛みを
感じなくて済むよう、処方通りに数日は飲み続けた方がよいのか、それぞれ患者さんにお伝えして
おりますので、どうぞそれをお忘れにならず、指示された通りに、服用してください。


妊娠中の方、授乳中の方のお薬の服用について

妊娠中の方は、特に妊娠初期は、お薬の使用に注意した方が良いとされていますから、
その時期を避けて、歯科治療をなさるのが良いと思います。

授乳中の方も、お薬の服用は、とても慎重になられると思います。お薬の服用中だけ、ミルクに
切り替えることができれば、そうなさるとよいと思いますが、中には、母乳しか飲んでくれない赤
ちゃんも、いらっしゃることでしょう。


一般に、お母さんが飲んだ薬が母乳に移行するのは、服用した薬量のうち、ごくわずかと言われて
いるので、授乳中とわかった上で当院で処方したお薬を飲まれて、心配なさることはありません。


お薬を服用なさるべき症状なのに、服用しないことで、いつまでも傷口の治りが遅れたり、
治療後の痛みが引かなかったり、二次感染をおこしてやっかいなことになる場合もあります。


授乳中にお薬を飲むということは、赤ちゃんにどういった影響があるのかを、わかりやすく解説した
ページがあります。授乳中の方は、どうか下記サイトをお読みになられて、正しい知識を得た上で、
お薬の服用を考えられることをお勧めします。

 

国立成育医療センター 妊娠と薬情報センター 
 cf. 授乳と薬について 
 cf. 授乳中に使用しても問題ないとされる薬剤の代表例