当院で取り扱いのある部分義歯のご紹介

  1. Home
  2. 義歯
  3. 部分義歯

スマイルデンチャー / ウェルデンツ / カルデント / ミラクルデンチャー / アタッチメント義歯 
軟性レジン床義歯 / マグフィット / Kデンチャー / ホワイトクラスプ
総義歯のページ

スマイルデンチャースマイルデンチャー

金属のバネがないので、見た目がGOOD。薄くて軽いので、ぴったりフィットします。

スマイルデンチャー スマイルデンチャー

 

アメリカで誕生して50年、世界30カ国で普及している入れ歯です。

歯に引っ掛ける金属のバネがなく、笑顔になっても口元は美しいまま。
入れ歯に透明感があり、歯茎と見分けがつきにくいです。
特殊な素材で、写真のようにとても柔軟なのに、衝撃にたいする強さは
普通の入れ歯の15倍!。この強さが、軽く、薄く作れる秘密です。

同じスマイルデンチャーでも、素材に違いがあり、修理の難しいタイプもありますが、
最新で高品質の素材である、エステショット(審美的義歯用ポリエステル樹脂)を

使用しておりますので、当院のスマイルデンチャーは、修理も可能です。
無味無臭で、アレルギーの心配もありません。
保険外診療で、費用は、設計により15万から20万です。

ノンクラスプデンチャー、フレキシブルデンチャー、バルプラストデンチャーと呼ばれることも
あります。義歯の下の粘膜が荒れにくいという利点もあります。

 

スマイルデンチャー比較 スマイルデンチャー 比較

スマイルデンチャーのその他の利点として、片方の歯だけ失った場合は、図のバネ(鉤)タイプの
義歯と違って、片方のみで対応できるので、コンパクトです。

このページの一番上に戻る

ウェルデンツウェルデンツ

ウェルデンツは、非吸水性の無菌性樹脂素材のため、雑菌が繁殖しません。
薄くて軽い素材で、舌触りがよく、入れ歯を入れていないような感覚になるほどです。
においもしません。金属のバネが不要で、審美性に優れています。

歯の表面が、使っているうちに、多少ザラツキが出てくる場合があります。

 

ウェルデンツ ウェルデンツ

 ウェルデンツ公式HP 

 

カルデントカルデント部分義歯

水や油分を寄せ付けない成分なので、汚れやにおいの付きにくい入れ歯です。
水に浮くほどの軽さで、ソフトな付け心地です。

 

カルデントカルデント

 カルデント公式HP 

 

 

ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャーは、ミラクルタッチと呼ばれる維持装置を使った、これまでにない新しい発想の
次世代部分入れ歯です。次のような利点があります。

ミラクルデンチャー ミラクルデンチャー

入れ歯110番のページ 

申し訳ありませんが、ただいま取扱いを休止しております。

このページの一番上に戻る

アタッチメント義歯アタッチメント義歯Ⅱ

アタッチメント義歯 アタッチメント義歯

歯に細工してパチンとはめ込むタイプの義歯です。食事中の上下動が少なく安定しています。
このため、片側だけ歯がなくなった場合、バネ(鉤)タイプの義歯と違って、上あごや舌の前を
渡して反対側まで延ばす必要がありません。(舌感が良い)

 

このページの一番上に戻る

軟性レジン床義歯軟性レジン床義歯(総義歯にも対応しています。)

軟性レジン床義歯 軟性レジン床義歯

インプラント義歯以外で、痛みのない安定した下の総義歯をご希望の方へは、
上記のKデンチャーか、内面を柔らかいピンク色の樹脂で裏打ちした、軟性レジン床義歯(下写真)
を、お勧めしています。

このページの一番上に戻る

マグフィットマグフィット/磁性アタッチメント義歯(総義歯にも対応しています。)

磁石を使った義歯です。

マグフィット マグフィット

磁石の力で、入れ歯を固定します。小さくても強力な磁石なので、ピッタリ固定し、入れ歯が
落ちたりガタガタ動くことことがありません。
装着や取り外しも楽で、シンプル構造のため、お掃除も簡単です。

針金状のバネがついていないので(右上図参照)、見た目がすっきりしていて自然です。
残っている歯が少なくなって少し動揺するようになったケースに有効です。
歯は、抜きません。根を残しその上に、磁石をつけます。

このページの一番上に戻る

マグフィットKデンチャー(総義歯にも対応してます。)

あごにぴったりフィットして、痛くなくよく噛めます。

KデンチャーKデンチャー

材料に医療用生体シリコンを用いた特殊な入れ歯です。          KデンチャーのHPへ 
劣化のない安定した材料なので、耐久性がよく、やわらかい素材のため、
痛みもでず、よく噛めます。コンフォートデンチャーとも呼ばれます。
あごの土手がなくなって、入れ歯がガタガタしてお困りの方に、たいへん有効です。

写真は、上あごのものですが、もちろん下あごのものも、製作できます

このページの一番上に戻る

ホワイトクラスプホワイトクラスプ

ホワイトクラスプ

バネ式の部分入れ歯は、これまで金属のバネが一般的でしたが、バネを白くできるように
なりました。
上の写真では、違いがわかりやすいように、手前が白で、後ろが金属のバネになっています。

 

このページの一番上に戻る

**コーヌス・テレスコープ義歯について**

残っている歯に金属冠をかぶせ、その上に義歯をはめ込むといったタイプの入れ歯です。
歯にかけるバネがなく、よくかめます。 ご希望があれば、問題なく製作できますが、高額と
なりますし、残っている歯を削らなければならないので、当院では、あまりお勧めしておりません。

 

** このページでは、自費診療の義歯を紹介いたしましたが、保険適応の義歯も取り扱って
    おります。