「歯磨き剤、使ったほうがいいの?」

  1. Home
  2. 小児歯科
  3. 歯磨き剤、使ったほうがいいの?


さて、今号は、初回なので、少し軽めのテーマで “歯磨き剤、使ったほうがいいの?” に、
ついてです。 結論から言いますと、 「ブクブクうがいができるようになったら、ちょこっとだけ、
つけて磨くのがおすすめ」ということです。

かかりつけの歯医者さんの中には、泡だって口の中が 見えにくくなるといった理由から、
歯磨き剤は、不要だと指示なさる先生が、いらっしゃると思います。 しかし水洗いだけでは、
コップの汚れが落ちにくいのと同じで、 歯磨き剤なしでは、だんだん汚れが歯につきやすくなります。



茶渋がついたようになり、子供とはいえ、審美性も悪くなります。 虫歯の発見が遅れる場合も
あります。唾液による自浄作用が働きやすい下の前歯だけが生えている 乳児期は大丈夫ですが、
自浄性が低い上の歯に汚れが残るように なったら、歯磨き剤を少量使ったほうが、プラーク(歯垢)
は、 落としやすいです。


泡の立ちにくいタイプのものが、売られています。 口の中が良く見えて磨きやすいです。
また、泡が立たないように、歯ブラシは、水でぬらさないで使用します。
子供用はキャラクターものが多く、いろんな味がつけてあるので、 子供が喜ぶ場合は、
歯磨きの動機づけとしての効果もあります。

ほとんどの歯磨き剤には、フッ素が入っていて、再石灰化を促し、 虫歯予防にもなります。
最近は、プラーク中の細菌の増殖を抑える成分の入ったものも 出ています。 また、洗口液は、
それ単独の使用では、プラークを除去する効果は、 ありません。 やはりブラッシングが必要です。

 

園だより目次

小児歯科のページへ戻る