「仕上げ磨きを嫌がるんです。」

  1. Home
  2. 小児歯科
  3. 仕上げ磨きを嫌がるんです。


今回は、「仕上げ磨きを嫌がるんです。」についてです。 これに関してはお困りの親御さんが多い
ようです。では嫌がる理由をいくつかあげてみましょう。

等々です。

やはり、嫌がる一番の原因は、力の入りすぎです。 人から磨かれるのは、自分の意思と無関係に
歯ブラシが 動きますから、意外と痛いのです。 したがって、仕上げ磨きは、歯ブラシを鉛筆を持つ
ようにもって、 左手でくちびるを充分によけてやさしくゆっくりと磨いて あげましょう。
硬すぎない小さめの歯ブラシがおすすめです。


ここで少し、乳児期の対応についても述べてみます。 このころの生え始めの乳歯は、すぐには虫歯に
なりませんから、 指やガーゼで拭いてマッサージして、口の中を触られることに 慣らしましょう。
歯ブラシをおもちゃ代わりに与え、歯ブラシがいやなものでは ないことを、自覚させます。 また上の
子がいれば、その磨く様子を真似させるのもいいでしょう。

それでは、実際の仕上げ磨き法についてですが、子供をあおむけに して、頭をひざの上にのせて
やってもいいのですが、上の奥歯が見えにくい 場合は、床の上に寝かせて上からのぞきこむように
して行います。

子供が動くようなら、親の両足で頭を挟んで固定します。 寝かせ磨きが嫌なお子さんや、口を開けて
くれないお子さんは、 慣れるまで抱っこして横から磨いてもいいです。 また、磨く順番を決めておくと、
子供は安心します。

就寝前だと、ぐずりやすい子の場合は、夕食後の手の空いたときや、 お風呂で磨いてもかまいません。
仕上げ磨きは親の義務だと考えると、つらくなりますので、親子の スキンシップの1つだと考えて楽しく
行いましょう。


泣いて暴れる子供でもあきらめずに、一度に全部磨こうとせず、 機嫌のいいときに何箇所かに分けて
磨いて、少しずつ習慣化 させましょう。 前述の歯磨きを嫌がる理由の中で、舌に問題がある場合や、
口呼吸がある場合は、かかりつけの歯医者さんに相談して、 ブラッシング法を指導してもらったほうが
いいでしょう。

 

園だより目次

小児歯科のページへ戻る