「フッ素について」

  1. Home
  2. 小児歯科
  3. フッ素について

 

今回は、“フッ素について”です。 虫歯予防に使われるフッ素は、その安全性を懸念される親御さんも
いらっしゃいますが、適量であれば、安全なものです。
毎日食べている食塩や砂糖なども、適量をこえてしまえば健康を 害しますが、適量なら問題ないのと
同じです。 フッ素は使い方を誤らなければ、虫歯予防に非常に高い効果があります。

 

虫歯は、歯の表面のエナメル質が酸に溶かされることから始まりますが、 フッ素が塗ってある歯は、
簡単に酸に溶かされることはありません。 これは、フッ素によって、エナメル質が強く硬いものに変化
したためです。


また、フッ素は細菌に作用して酸の生成を抑制したり虫歯になりかけた 歯の表面を元に戻す働きも
あります。(再石灰化)
しかし、日本では、フッ素の利用には規制があります。 今のところ、フッ素入りの歯磨き剤や、ジェルを
使った上で、たまに歯医者さんでフッ素を塗る処置をしてもらうということになります。

 

園だより目次

小児歯科のページへ戻る