「キシリトールについて」

  1. Home
  2. 小児歯科
  3. キシリトールについて

今回は、“キシリトールについて”です。
キシリトールは、シラカバやトウモロコシなどからとれるキシラン・ヘミセルロース という物質を、
原料にした甘味料です。 キシリトールの最大の特徴は、虫歯を予防することです。 砂糖は虫歯の
原因となる酸をつくりますが、キシリトールはこの酸をつくりません。 

さらに、虫歯菌であるミュータンス菌の活性を弱めます。 また、キシリトールを口の中に入れると、
唾液がたくさん出て歯の表面を中和し、 歯を溶かす酸から歯を守ります。 同じ甘さで比較すると、
カロリーも砂糖の4分の3くらいです。


さて、このキシリトールの上手なとり方ですが、食事のあと、キシリトール入りの ガムかタブレットを
口にいれて、5~10分ほど、かんだりなめたりするというのが、 簡単な方法で長続きしそうです。

 

園だより目次

小児歯科のページへ戻る