「ポカン口(口呼吸)について」

  1. Home
  2. 小児歯科
  3. ポカン口(口呼吸)について

今回は、 “ポカン口(口呼吸)”についてです。少々長いですが、 頑張って読んでください。


最近、口をポカンと開けて、口で呼吸する子供や若者が増えて います。口呼吸は呼吸器系に
影響を及ぼしますが、歯並びや 姿勢にも関連性があるのです。 鼻の中は湿っていて、粘膜で
覆われていて、外気を暖め、 ほこりや細菌をキャッチ浄化して、肺に空気を送り込むフィルターの
役目をしています。


しかし、口呼吸ですと、浄化されていない外気が直接のどや 肺に送られて刺激するので、免疫
機能の低下を伴い風邪や アレルギーを誘発しやすいのです。
また、口呼吸では口の中が乾燥し、唾液による自浄作用も 働かなくなるので、口臭が発生しやすく、
口の中の細菌も増えて 虫歯や歯肉炎になりやすくなります。 前歯も汚れが付きやすくなり、
歯肉も黒ずみます。


口呼吸の原因としては、鼻の奥の扁桃やアデノイドと呼ばれる部分が 大きくて、空気の通りが悪い
場合や、蓄膿症やアレルギー性鼻炎などで、 鼻の通りが悪い場合などが考えられます。

また、軟食ばかりで口を閉じる筋肉が鍛えられないことや、もともと 出っ歯で口が閉じにくいことで、
いつの間にか口呼吸になってしまうことも あります。

 

さて、口呼吸と歯並びおよび、姿勢との関連性についてお話します。 成長期の子供で、口呼吸
のため、口が開きっぱなしですと、 開いている分下あごが下がり、舌の位置も下がります。
それにより、顔は少しだけ斜め上を向きます。 そして頭部はバランスをとるためほんの少し前に
でるので、その分 背中は丸くなり、姿勢が悪くなってしまいます。

 

そして、子供の口の中では、奥歯が延び、頬圧が増し、低位置にある 舌も上あごの成長を促さない
ので、上あごのアーチが狭くなります。 そのため歯のかみ合わせが悪くなったり、出っ歯気味になっ
たりします。

鼻から上あごにかけての発達も遅れ、凹凸のない顔貌になり、 口が開いた分顔が、長くなること
もあります。
これに指しゃぶりや、舌突出癖(舌で前歯の裏を押したり、 上下の前歯の間に、舌を入れようとする。)
などの習癖が加わりますと、 開咬(前歯がかみ合わない、すいた状態)や出っ歯を助長し、 ますます
口が閉じにくくなり、完璧なポカン口になっていきます。


 

これに対しての家庭での対応について、以下にいくつか記してみます。 (1~5)

1 口が開いていたら時々指摘し、口を閉じることを意識させる。

2 食事中の姿勢を正しくさせ、よくかんで食べさせる。 かんでいるときや飲み込むときに、口を
  閉じさせ、しっかりゴックンさせる。 (クチャクチャ音が減り、舌の位置が改善し、唾液の出も
  よくなる。)

3 口を使った遊び(シャボン玉やストロー、ラッパ、ハーモニカ、風船など)で 鼻呼吸を促す。

4 指しゃぶりなどの習癖があれば、少しずつやめさせる。

5 おしゃぶりを使って鼻呼吸を促進させる。

 

しかし、5に関しては賛否両論あり、口呼吸防止に効果があると されていますが、長期間使用しますと、

逆に歯並びに悪影響を及ぼします。 2歳ぐらいまでなら一応大丈夫でしょう。

また、アレルギー性鼻炎やアデノイド、扁桃肥大などによる口呼吸で、 鼻呼吸が難しい場合は、
小児科や耳鼻科にかかることになりますが、 口呼吸への対応は、かなり温度差があることも
事実です。 また、いきなり口を閉めさせるのは、息を止めさせているのと同じで、 お子さん本人は
苦しいだけとなります。

 

症状が重くない場合は、多くは増齢により改善しますが、日常生活に 支障をきたすレベルでは、
薬の服用や外科的治療も検討されることに なります。
もちろん口呼吸が顕著でも、問題が生じないケースもあります。しかし気になる場合は、一度、医療
機関に相談されることをお勧めします。

 

園だより目次

小児歯科のページへ戻る