「歯が外傷を受けたとき」

  1. Home
  2. 小児歯科
  3. 歯が外傷を受けたとき

今回は、“歯が外傷を受けた時”についてです。

ボールが当たったり、ころんで歯を打ったために 歯が欠けたり、抜けてしまうこともあります。
そういった場合は、 あわてないで、まず、口の中がどうなっているかを確認します。 噛んでみて痛いか
どうかも確認してください。 出血しているとき 口が切れて出血しているときは、まずガーゼやタオルなど
でおさえて 血を止めます。
しばらくおさえていると、少しずつ止まります。唾液と混ざって多量出血 のようにみえることもあります。

次のような場合は歯科医院へ

1 圧迫しても出血が続くとき

2 歯がぐらぐら動くとき

3 歯が欠けたりねじれたり、歯ぐきの中にめり込んでしまったとき

4 歯が抜けてしまったとき


抜けても戻せる場合があります
*乳歯はほとんど戻すことはありません。問題となるのは、永久歯です。
1 抜けた歯の根っこにはさわらないで、よごれをさっと水で洗い流します。 (こすってはいけません。)
2 水か牛乳につけて持ってくる。(乾燥させない。)
3 できるだけ、早く戻す。(数時間以内) 早いほどくっつきが良いです。


戻したあとは隣の歯と接着剤でくっつけて固定します。根付くまで、 できるだけその歯でかまない
ようにします。 経過観察しながら、根っこの中の神経の治療を行います。

 

園だより目次

小児歯科のページへ戻る