「乳歯の虫歯とその影響」

  1. Home
  2. 小児歯科
  3. 乳歯の虫歯とその影響

今回は、“乳歯の虫歯とその影響”についてです。

乳歯は全部で20本あり、2歳半から3歳頃までに生えそろいます。 そして12~13歳ごろまでには、
全て永久歯に生えかわります。 さて、歯は、食べ物をかみ砕いたり、正しい発音をするために必要で、
また、あごの骨の成長を促進したり、顔の形を整える役割を果たしています。

 

この役割を阻害する一番の原因が、虫歯です。 放置するといろいろな症状がでてきます。
まず、虫歯で歯に穴があくと、物が詰まって痛くなったり、しみるように なります。よってかまずにすむ
やわらかい物しか食べなくなったり、 反対側でばかりかむので、少しあごがずれてしまうこともあります。


しみるのを我慢しつづけると、歯の神経が腐ってしまうこともあり、 歯ぐきが腫れたり、顔が腫れることも
あります。 乳歯の下には永久歯があり、乳歯が膿んだために、永久歯の表面が ザラザラになったり
変色したりすることもあります。

また、奥歯の歯と歯の間にできた虫歯のため、奥歯が欠けたりすると、 欠けた分、歯が寄ってしまうの
で、6歳臼歯も寄った分、前の方に傾いて 生えてきます。


このため、あとから生えてくる永久歯の生える場所が狭くなり、 乱ぐい歯になるなど、歯並びにも影響
します。
前歯のような、生えかわりの時期の早い部位での小さい虫歯など、 中には放っておいてもいいケース
もありますが、 上記のような悪影響からお子さんの歯を守るため、ご家庭では、 おやつは時間をある
程度決めて与える、また夜の歯磨きをていねいに するなど、できるだけ虫歯にならないように、気をつけ
ましょう。

 

園だより目次

小児歯科のページへ戻る