「舌の位置異常について」

  1. Home
  2. 小児歯科
  3. 舌の位置異常について

今回は、“口の中での舌の位置”についてです。

人間は、構造上、口を開けたままでものを飲み込むことはできません。 必ず口を閉じてゴックンと
飲み込んでいるのですが、その時、舌の先が 上の前歯の後ろの、上あごにくっついているのが正常
です。

しかし、何らかの原因で、口の中での舌の位置が低かったり、 舌小帯と呼ばれる舌の下のすじが
極端に短かったりすると、 つばや食べ物を飲み込むときに、舌先で前歯の裏側を押してしまいます。
上あごに届かないのです。


人間は、この飲み込む動作を1日に数千回も行っており、 また、舌の歯を押す力は、歯列矯正に使う
ワイヤーの矯正力よりも 大きい力なので、だんだん出っ歯や受け口になったり、前歯がかみ合わさら
ない 開咬になることもあるのです。
これに指しゃぶりや、口呼吸などの癖がありますと、より歯並びが悪くなります。



舌の癖は、発音にも影響し、サ行、タ行、ナ行、ラ行などが、舌足らずな発音に なることもあります。
以前掲載したポカン口のときにも記しましたが、上あごのアーチの発達も悪くなり、 口の中が狭く
なります。

また、歯ぎしりがひどく、すり減って歯が短くなった場合や、 よくかまないことなどによる萌出不全
(完全に生えきらない)などによっても口の中は せまくなり、低い舌が、のどの方に落ち込んで、いびきを
かいたり、子どもなのに、 睡眠時無呼吸症になることもあります。 また舌の位置が左に寄っているなど、
左右で水平的にズレがありますと、 歯並びに影響したり、あごのズレを引き起こし、顎関節症になること

もあります。

さて、舌の位置の話とは少しずれますが、機能面についてもふれてみます。 小さいお子さんで、まだ舌
の発達が不十分な時期に、味が均一で 濃い加工食品を与え続けていますと、舌で混ぜ合わせる必要
がなく、 舌の機能の発達が抑えられます。

そうすると、食べ物を口の奥へ運んだり、奥歯のかむ面に押し上げるなどの、 一連の作業がうまくできな
くなり、食べ物を丸呑みしたり、口の中にためるような 食べ方が癖になる可能性がでてきます。


運動不足などで食欲が乏しくなりますと、ますますよくかまないで食べるように なってしまいます。
普段の口もとにしまりがなく、食べ物を飲み込むときに、口もとに 強い緊張が見られたり、発音が不明瞭
な様子があれば、舌の位置や 癖の改善が必要な場合もありますから、とりあえず一度、 歯科医院で
相談しておくと安心です。

 

多くのお子さんは、経過観察で実際に改善のトレーニングを実施しなければ ならないケースは、一部
です。

 

園だより目次

小児歯科のページへ戻る